シミができる原因-紫外線-

シミの一番の原因は紫外線によるメラニンの蓄積

シミの一番の原因と言われているのが紫外線です。

太陽から降り注いでいる紫外線(UV)は、

波長によってUVA(A波)、UVB(B波)、

UVC(C波)の3つに分けられます。

それぞれの波長について詳しくみていきましょう。

UVA(A波)

UVAは長時間かけて肌の真皮まで届き、

コラーゲンを変性させ

肌に悪影響を及ぼします。

そして真皮まで届くので、

シミ・そばかすやシワの発生に

大きく関わり、肌の乾燥を

促進してしまいます。

雲や窓ガラスを通り抜けるので、

曇りの日や屋内にいても注意が必要です。

UVB(B波)

UVBは日焼けで肌がすぐに赤くなり

表皮に強いダメージを与えます。

この「やけど」のような状態は

日焼け後24時間でピークを迎えます。

その炎症がきっかけで

メラニンが活発につくられるようになり、

肌の色が黒くなってきます。

肌の乾燥もしばらく続き、

時間の経過とともに角質と

なってはがれていきます。

UVC(C波)

UVCはオゾン層で吸収され

地表まで到達しない紫外線。

シミ対策としての紫外線予防は欠かさない

紫外線は強い弱いにかかわらず、

一年中降り注いでいます。

紫外線から肌を守るためには

紫外線防止効果の高い

日焼け止めを毎日使用し、

日傘や帽子、サングラスなどを

併用することがおすすめです。

まずはシミ対策のお気に入りの

アイテムを探すところから

初めてみても良いと思いますよ。

今後ブログの中でおすすめの

日焼け止めなどのアイテムも

紹介していきますね。

横須賀・葉山 シミ専門サロン モアニスパ